―EBMとLBMの特徴―

電子ビームとレーザービームの違い

熱源 電子ビーム方式 (EBM) レーザービーム方式 (LBM) 相違点のポイント
出力 高い(3.5~6.0kW) 低い(0.4〜0.6kW)  
金属材料 高融点材の対応が可能 高融点材の対応は困難
(反射率の高い純銅なども難しい)
 
粉末粒径 45~105μm <45μm 出力の違いにより使用する粉末の粒径が異なります
(現状、電子ビーム方式は粒径の大きい粉末を使用しています)
積層厚 50~90μm 20~50μm 積層厚の違いは造形時間に影響します
チャンバー内 真空・予熱 不活性ガス置換 電子ビーム方式では真空・予熱工程が必要です
レーザー方式ではガス置換により酸化を防ぎます
表面粗さ 劣る 粉末粒径と積層厚は表面粗度に影響します
サポート(応力除去) 簡素(予熱するため) 必要(常温のため) サポート材は除去作業(後工程)と
原料粉末の歩留りに影響します